生活困窮者自立支援事業

■生活困窮者自立支援事業とは

 生活上の困難に直面している人に対して、地域で自立した生活が行えるよう、一人ひとりの状況に応じた相談及び支援を行います。

 みよし市では、みよし市くらし・はたらく相談センターで事業を行っています。

■外国人向けのやさしい日本語
 こちら

■対象者

 経済的な問題などで、生活にお困りの方

■事業内容

(1) 自立相談支援事業:継続的に相談ができます!
 どのような支援が必要か相談者と一緒に考え、具体的な支援プランをを作り、寄り添いながら自立に向けた支援を継続的に行います。また、個別の状況に合わせて、適切な事業・制度につなぎ、支援します。
(2) 生活困窮者住居確保給付金支給事業:支給申請の相談、手続きのお手伝いをします!
 離職などにより住居を失った方、又は住宅を失う恐れのある方には、就職に向けた活動をすることを条件に一定期間、家賃相当額の支給を受けるための申請を支援します。

(3)生活困窮者一時生活支援事業:衣食住に困っている方も相談できます!
 住居を持たない方、又はネットカフェ等の不安定な居住形態の方に一定期間、宿泊場所や衣食の提供が受けられるように支援します。その後の生活に向けては、就労準備支援事業や家計改善支援事業などを通じて自立を支援します。
(4) 就労準備支援事業:就労につながる第一歩をお手伝いします!
 「社会との関わりに不安がある」「他人とのコミュニケーションがうまくとれない」など、直ちに就労が困難な方に6か月から1年までの間、支援プログラムに沿って、就労機会の提供や一般就労に向けた支援をします。

(5) 家計相談支援事業
 家計状況の「見える化」と課題を確認し、自ら家計が管理できるように、状況に応じた支援計画の作成、相談支援、関係機関へのつなぎ、早期の生活改善を支援します。

■料金

無料

■相談支援の流れ

(1)困りごとの相談をしてください。
(2)適切な対応について相談員が提案します。
(3)必要な支援が計画的に提供されるように課題を分析します。
(4)相談者と一緒に自立に向けた計画を立てます。

■相談窓口

項目 内容
1 サービスが利用できる場所 名 称 みよし市くらし・はたらく相談センター
住 所 みよし市三好町湯ノ前4番地5 
建物名 みよし市立ふれあい交流館
2 サービスが利用できる日時 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(12月29日から翌年1月3日までを除く)
3 問い合わせ先 ・窓 口 みよし市くらし・はたらく相談センター
・電 話 0561-33-5020
・ファクシミリ 0561-34-6331